贈与税の仕組みを理解し、賢い生存贈与や住宅取得に係る贈与を利用をしましょう。

贈与税と生前贈与について

  

贈与税とは?

贈与税とは、贈与契約が成立したことに着目して課される税金。財産の贈与を受ける人が贈与税の支払い義務を負い、 贈与があったその都市の1月1日から12月31日までの1年間に、贈与で得た財産の金額に対して課される税金です。

生前に財産を親族などに継承することにより、 相続税の負担を回避しようとすることを防ぐことを目的とする相続税の補完税。贈与税は相続税よりも高い。

贈与税を納める義務者は?

贈与税の申告と納税は、原則、財産を贈与された人(もらった人)が、もらった年の翌年の2月1日から3月15日ま でにすることになっています。 

贈与税を納め方は?

贈与税の申告書の提出先は贈与を受けた人の所在地を管轄する税務署です。詳しくは税務署で確認してください。

納税は税務署だけでなく金融機関や郵便局の窓口でも納付できます。

贈与税の計算方法とは?

贈与税額=(贈与財産の価額合計−配偶者控除−基礎控除)×税率−外国税額控除

・配偶者控除 様々な要件があり、配偶者控除の額は最高2000万円です

1.婚姻期間が20年以上の夫婦間の贈与であること。 

2.贈与の対象となる財産が居住用の不動産、又はそれを取得するための金銭であること。 

3.贈与によって得た財産を取得したその翌年の3月15日までにその居住用不動産をそのものの居住の用に供し、又は、その金銭で居住用不動産を取得し、 その後引き続き居住の用に供する見込みであること

・外国税額控除


贈与により日本以外にある財産を取得した場合に、その財産について外国の法令により贈与税に相当する税が課せられたときは、その財産を取得したものに対して控除することができます。

 

・基礎控除額 

 

贈与を受けた年の取得財産の価額から110万円を基礎控除として控除できます。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
     

 

住宅取得資金の贈与にかかわる贈与税の特例とは?
(旧制度平成17年度末まで
の住宅取得資金の贈与)

1.日本に住所があり、贈与を受ける年の所得合計金額が1200万円以下の人。

2.いままでにこの制度による税金の軽減を受けていない人

3.住宅取得資金の贈与を受けた日前5年以内に夫または妻が所有している住宅に居住したことがないこと。

贈与税額の計算方法は?

贈与税額=(住宅取得資金の贈与額−550万円)×1/5×贈与税率×5

 

相続時精算課税制度とは?(新制度)

相続時精算課税制度を選択すると、生涯通算2500万円の非課税枠とは別に、住宅取得資金について最大1000万円の住宅資金特別控除が認められます。つまり合計で3500万円までは贈与税が課税されないということです

 

 

 

 
贈与税
[1]
相続税
[1]
生前贈与
[1]
住宅取得
[1]
住宅ローン
[1]
Copyright 2005 贈与税と生前贈与について All rights reserved.
税金対策の基礎知識 日本版SOX法とコンプライアンス対応 内部統制新会社法 腰痛治療予防講座  印紙税の基礎知識